ハイブリッドカーの構造/シリーズ方式・パラレル方式・スプリット方式

ハイブリッドカーの構造は、そのシステムにより3種類に大別する事が出来ます。

1.シリーズ方式
2.パラレル方式
3.スプリット方式

ここではトヨタのプリウスの構造を参考に説明します。プリウスのハイブリッドシステムは「THS」と呼ばれています。
プリウスでは「電力・機械併用式無段階変速機」の採用により、走行速度の調整を機械式減速と発電機とモーターの負荷によって行っています。
ギアの変速は1組の遊星歯車だけで行われて発電機、エンジン、モーターは直線で組み合わされています。
発進するときはモーターの駆動力だけを使用し内燃機関は停止したままです。
エンジンの始動する時は発電機がセルモーターの代わりとしてエンジンを始動させます。
これは、モーターを回転させると車輪も回転してしまうからです。
通常の走行時は発電機の回転数を極小回転し、遊星歯車により機械的にエンジンの出力をダイレクトにタイヤに伝える事が可能で、ATでは生じる伝達ロスを無くし、通常の4速MTの4速での直結に近い形で走行する事を実現して効率を高めて、加速する時は発電機の回転数を高くして遊星歯車により機械的にエンジンの回転数も高く、発電機の発電による遊星歯車を使い機械的に動力の増強を行い、状況によって電池からの電力も供給されます。
後退するはモーターを逆回転させる事で車を後退させます。電池の充電はスピードに関係なくエンジン出力を発電機に伝えて充電を行っています。


カテゴリー: ハイブリッドカー タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。