ハイブリッドカーの種類/シリーズ方式(直列方式)・パラレル方式(並列方式)・スプリット方式(動力分割方式)

[ハイブリッドカーの種類]

ここでは、3種類のハイブリッドシステムの特徴について説明します。

まずは、シリーズ方式(直列方式)です。
この方式は内燃機関を発電のみに使用し、タイヤの駆動や回生(ブレーキと発電)をモーターで行います。
「自家用発電機を搭載した電気自動車」と言えるでしょう。
電気自動車の欠点である充電ステーションの確保と、走行可能距離をクリアしたシステムです。

次にパラレル方式(並列方式)は、内燃機関と電動機の複数の動力システムの搭載により、内燃機関と電動機で複数の動力によるタイヤの駆動を行います。
ハイブリッドシステムの原点であろうと思われますが、構造は複雑化し重量面やコスト面でのデメリットがあります。

スプリット方式(動力分割方式)は、内燃機関からの動力を動力分割機構により発電とタイヤの駆動に振り替えます。
発進時や低速時は電動機によるタイヤの駆動を行い、高速時にエンジンからの動力使用や電動機の並行使用により効率的な運用が可能となります。
この方式は部品点数が少なくなりシンプルでコスト面での効果が期待されますが、動力分割機構は複雑化して特許面での絡みもあり、多数のメーカーでの採用が難しい一面もあります。

パラレル方式(並列方式)はスプリット方式と同様に搭載している複数の動力源を同時に使用します。
スポーツカー等はこの方式で良いのですが、問題は低速走行時に充分な動力が得られない点や、アイドリング時に効率が落ちる点に難点があります。


カテゴリー: ハイブリッドカー タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。