[CEATEC JAPAN 2012](幕張メッセ)日産自動車「NSC-2015」自動運転機能、トヨタ自動車「Smart INSECT」などが展示

[CEATEC JAPAN 2012]

IT・エレクトロニクス分野の最先端技術を紹介する、アジア最大級の国際展示会「CEATEC JAPAN 2012(シーテックジャパン)」が、2012年10月2日~10月6日に幕張メッセで開催されています。
特別展示「Smart Mobility Innovation 2012」では、日産自動車とトヨタ自動車が、自動車メーカーとして参加しています。

日産自動車は、自動運転機能を搭載する試験車両「NSC-2015」のデモンストレーションを実施。
「EVパワーステーション」(ニチコン株式会社製)を活用した、電気自動車「リーフ」から家庭に電力を供給するシステム「LEAF to Home」も紹介。
特別企画展内の街路灯を、リーフに充電された電力で点灯する「LEAF to Community」のデモンストレーションも行われました。
2人乗り超小型電気自動車「Nissan New Mobility Concept」、リーフ、商用電気自動車の「e-NV200」、電気自動車トラック「e-NT400アトラス コンセプト」といったラインナップと、CHAdeMO(チャデモ)規格対応の急速充電器を展示。

トヨタ自動車は、CEATEC JAPANに初出展。
「次世代“つながる”サービス」を具現化したコンセプトカー「Smart INSECT」を発表しました。
トヨタ車体の超小型電気自動車「コムス」をベースに、「人とクルマと家」をつないで、便利で快適なカーライフをサポートする対話型サービスを具現化するためのコンセプトカーとして開発。

[CEATEC JAPAN 2012]


カテゴリー: イベント タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。