第2号試作車「シム・ウィル/SIM-WIL」の仕様・走行距離・充電時間・最高速度、参加機関

株式会社SIM-Drive(株式会社シムドライブ)は、先行開発車事業第2号「SIM-WIL(シム・ウィル)」を発表しました。1号車の「SIM-LEI」の航続距離300km以上が実現されています。

[SIM-WILの仕様]
定員:5名
駆動方式:アウターローター式、ダイレクト・インホイール・ドライブ
一充電航続距離(JC08モード):351km
走行エネルギーの消費量(JC08モード):99.7Wh/km
最高速度:180km/h
電池容量:35.1kW/h(リチウムイオン電池)
充電時間:3h(CHAdeMO)、12h(200V)

[参加機関]
旭化成株式会社、東レ株式会社、株式会社アドバンテスト、東北電力株式会社、オイレス工業株式会社、東京エムケイ株式会社、株式会社カーメイト、凸版印刷株式会社、川﨑工業株式会社、豊田通商株式会社、株式会社クラレ、日本パーカライジング株式会社、サンスター技研グループ、PSA Peugeot Citroen、株式会社ソミック石川、株式会社日立アドバンストデジタル、タカタ株式会社、日立化成工業株式会社、ダッソー・システムズ株式会社、BOSCH、千代田化工建設株式会社、ポリプラスチックス株式会社、株式会社ティラド、株式会社ミクニ、株式会社TBK、三井・デュポンケミカル株式会社、デュポン株式会社、株式会社ミツウロコ

株式会社SIM-Drive(株式会社シムドライブ):
http://www.sim-drive.com/

関連記事:
「シムドライブ/SIM-Drive」第2号試作車「シムウィル」東レ・旭化成などが開発に参加。慶応大学教授の清水浩社長、産学連携でEV技術開発を進める企業


カテゴリー: 関連ニュース タグ: , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。